MENU

腎臓に良い食べ物-果物編-

腎臓に良い食べ物-果物編-

 

腎臓に良くないと一口にいっても、どれがどう悪いのかというのは一度説明されたからと言って覚えきれるわけではありません。そこで腎臓に良い食べ物の前にまずは、腎臓に悪い食べ物を簡単に抑えておきましょう。

 

腎臓に悪い果物はどう見極める?

まず腎臓に悪い食べ物と一口にいっても、それはカリウムの排出が困難になるほどの腎機能が悪化しているときに限ります。

 

カリウムが多い果物は、バナナ・キウイ・アボカド・メロン・干しブドウ・干し柿・プルーン・栗・ドラゴンフルーツ・さくらんぼなどがあります。これらは100g中200mg以上のカリウムが含まれています。

 

というよりも、果物は全般的にカリウム量が多く、一番少ないブルーベリーであっても70mgあります。

 

カリウム制限は1日カリウム摂取量を1500mg以下に制限するものですので、食べるだけで大半のカリウム量を摂取してしまうアボガドや栗、バナナ、キウイ、メロンなどには特に注意が必要になります。

 

腎臓に良い果物はある?

カリウム制限まで指導を受けていない場合、逆に塩分を排出する働きのあるカリウムを豊富に含む上記のような食品は、腎臓にとって良い働きをするといえます。

 

少し調子が悪い、維持改善したいのであれば、リンゴがおすすめです。
リンゴには、リンゴポリフェノールをはじめ、食物繊維やカリウム、ビタミンCが豊富に含まれています。
特にリンゴポリフェノールは、一日一個リンゴを食べれば病気にならないとまで言われるほど抗酸化作用(老化防止)が強く、脂肪の吸収を抑えたり、コレステロールの改善などにも役立ちます。

 

他にも抗酸化作用が強く、コレステロール値の改善効果が期待できるプロアントシアニジンが豊富に含まれるクランベリーもおすすめです。

 

食事管理は専門家に任せるのも手

一口に食事管理と言っても素人では難しいのが現実です。

 

それもそのはず、完璧な栄養管理は国家資格が必要なくらいの専門職なのです。

 

そこで、おすすめしたいのが腎臓に良いバランスをカンペキに計算された宅配サービスです。塩分制限やタンパク&塩分調整食など目的に合った食事を初回無料で届けてくれるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

ウェルネスダイニング

腎臓に良い食べ物-果物編-


ウェルネスダイニングは、菅理栄養士お任せの「まとめてお届け」の宅配サービス。
 
塩分制限気配り宅配食では、「カロリーは300kcal以下、塩分2g以下」の料理を。


たんぱく&塩分調整気配り宅配食では「カロリー300kcal以下、塩分2g以下、タンパク質10g以下、カリウム500mg以下」の料理と腎臓病のどのステージにも合った制限食を提供することができます。


しかも、制限食特有の味気無さは全くなし。出汁・香辛料・調理方法が研究され食感や見た目も美味しい品質の高いものを用意しています。


冷凍食品として(賞味期限3か月)お届けするため、従来の宅配サービスのように受け取りの手間は最小限ですし、好きなタイミングで食べられることも魅力です。


メニューも楽しく、おいしく、長く続けられるように豊富な献立を用意しているので種類が少ない市販品のように飽きがくることもありません。


また、管理栄養士が常駐しているため、食生活の相談もいつでもすることができるのも喜ばれている理由の一つです。


 

関連ページ

ウェルネスダイニング
ウェルネスダイニングについてです。
コーヒーは腎臓に良い?
コーヒーは腎臓に良いのかご紹介します。
腎臓に良い食べ物レシピ
腎臓に良い食べ物レシピです。
腎臓に良い飲み物
腎臓に良い飲み物についてです。
腎臓に良いお茶
腎臓に良いお茶についてです。
腎臓に良い漢方薬
腎臓に良い漢方薬についてです。