MENU

腎臓に良い飲み物

腎臓に良い飲み物

 

腎臓に良い飲み物の前にまずは悪い飲み物の条件ですが、タンパク質・カリウムを多く含む飲料になります。
牛乳・ヨーグルト飲料・豆乳といったタンパク質を多く含む飲料に加え、カリウムが多いコーヒー、青汁、果汁ジュース、野菜ジュース、緑茶、紅茶なども多くのカリウムを含むため腎臓にはあまり良いとは言えません。また、水分量が少ないことでも腎臓に悪影響なため一日1L~2L程度の自分の体格に合った水量を確保するようにしましょう。

 

ただし、腎機能が特に現在悪いわけではなく、あくまで予防のためにという場合であればこういった制限はありません。

 

腎臓に良い飲み物

カリウム制限がない場合

常温の水・白湯を適量飲むことです。
ここで勘違いしやすいのは水分でなく、純粋な水であることです。可能であるならばミネラルの少ない純水に近いものが良いでしょう。水分不足が続くと、尿路を洗い流す機会が少なくなり、炎症を起こしたり、結石になってしまうことがあります。
水以外のものは飲めないのかと言われれば、特に飲んでも影響はありませんが、嗜好品となるお茶やコーヒー、果実ジュースなどは一日一杯以上は控えたほうが無難です。

 

特に腎臓の機能低下を懸念しているという場合には、水分量を気を付けるようにしましょう。

 

カリウム制限がある場合

こちらも基本的には常温の水・白湯がおすすめです。
前述のようにカリウムが多いものは摂取量に気を付ける必要がありますが、それ以外にもカフェインの多いコーヒー、紅茶、緑茶などの摂取は気を付けるようにしましょう。

 

塩分制限のほうが大事

カリウム制限というと、どうしてもカリウム量を気にしがちですが、それよりも食事の塩分量の計算も腎臓には重要になります。しかし、世の中塩分は大体の調味料に入っており、正確に把握するのは困難です。事実、摂取推奨量より現代人の塩分摂取量はオーバーしているといった調査結果も厚生労働省より発表されています。

 

そこでおすすめしたいのが、塩分を完璧に調整したお弁当サービスです。

 

かなり面倒な塩分計算をしかも、プロの視点から見た塩分、タンパク質量の計算、栄養バランスまで監修されているため、毎日の食事がおいしくないという方や計算が面倒だという方にも最適です。その中でもおすすめしたいのがウェルネスダイニングというサービスです。

ウェルネスダイニング

腎臓に良い飲み物


ウェルネスダイニングは、菅理栄養士お任せの「まとめてお届け」の宅配サービス。
 
塩分制限気配り宅配食では、「カロリーは300kcal以下、塩分2g以下」の料理を。


たんぱく&塩分調整気配り宅配食では「カロリー300kcal以下、塩分2g以下、タンパク質10g以下、カリウム500mg以下」の料理と腎臓病のどのステージにも合った制限食を提供することができます。


しかも、制限食特有の味気無さは全くなし。出汁・香辛料・調理方法が研究され食感や見た目も美味しい品質の高いものを用意しています。


冷凍食品として(賞味期限3か月)お届けするため、従来の宅配サービスのように受け取りの手間は最小限ですし、好きなタイミングで食べられることも魅力です。


メニューも楽しく、おいしく、長く続けられるように豊富な献立を用意しているので種類が少ない市販品のように飽きがくることもありません。


また、管理栄養士が常駐しているため、食生活の相談もいつでもすることができるのも喜ばれている理由の一つです。


 

関連ページ

ウェルネスダイニング
ウェルネスダイニングについてです。
コーヒーは腎臓に良い?
コーヒーは腎臓に良いのかご紹介します。
腎臓に良い食べ物-果物編-
腎臓に良い食べ物の中でも果物をご紹介します。
腎臓に良い食べ物レシピ
腎臓に良い食べ物レシピです。
腎臓に良いお茶
腎臓に良いお茶についてです。
腎臓に良い漢方薬
腎臓に良い漢方薬についてです。